ディズニー 雨対策

全般

雨の日のディズニー、オススメの雨対策

更新日:

雨の日のディズニー。濡れないで快適に過ごしたいけど、必要以上に荷物を増やしたくないですよね。

そこで、雨の日でもなるべく荷物を増やさずに快適に過ごすための、私のオススメ雨対策をご紹介します。

スポンサーリンク

カッパと傘は、どっちもあった方が良い

単純な説明ですが(;^_^A カッパは横からの雨、傘は上からの雨を防ぐために必要です。

ディズニーは海沿いにあるので、けっこう横風が吹きます。傘だけだと横からの雨は防げませんし、ひざ下もジワリジワリと濡れてきます。

逆にカッパだけで傘をささないと、雨で顔からビシャビシャになり、顔を伝って髪や体も濡れて体全体が冷えてきてしまいます。傘がないと雨の中、荷物を取り出すこともできませんし、写真を撮ることもでません。

ですからカッパ(できれば上下)と傘は必ず持って行きましょう。

写真を見てみると、カッパだけの人、傘だけの人、両方使っている人、様々ですね^^
ディズニー 雨対策
ディズニー 雨対策

カッパは防寒対策にも役立ちます。カッパ1枚着ているだけでかなり暖かいですよ。冬はオススメです。

アトラクションに並ぶ時やショー、レストランに入る時はカッパは脱がなくてはいけませんので、脱いだカッパをササっと入れられるビニール袋があると便利です。

傘は折り畳みではない普通の傘の方が、使わない時にバッグに引っ掛けたりと何かと取り扱いやすいので良いと思います。

ディズニーで販売されているポンチョがオススメ

雨の日のパーク内ではポンチョや傘、長靴などの雨具がいたる所で売られています。

ワールドバザールではワゴンでの販売もされています。
ディズニー 雨対策

色やサイズも豊富で、ショップ内の雨具売り場ではポンチョの試着もできます。
ディズニー ポンチョ

私は先日紺色のポンチョを買いました。大は小を兼ねるということで、一番大きいLサイズを購入。
ディズニー ポンチョ
とてもゆったりとした作りなので、リュック背負って、一眼レフカメラを首からかけて、ショルダーバッグを斜め掛けしても充分ポンチョのボタンはとまります。

身に付けている荷物を濡らさないためにはポンチョのほうが便利です。普通のカッパならこれだけの装備だったら前のボタンはとまりませんからね。

これなら冬にコートなどを着込んでも大丈夫そうです。

ディズニー ポンチョ
ディズニー ポンチョ
作りもしっかりとしていて価格は税込み1,300円。なかなかのお手頃価格だなと思いました。

adsense2

忘れがちな足元対策

ディズニーの地面は雨が降ると至る所、水たまりだらけ。あまり水はけは良くないようです。

雨の日はキャストの方が水切ドライヤーで水を排除してくれている姿をよく見かけます。

普段、雨の日に歩いている道路と同じ感覚でディズニーに行ってはダメですヨ。

雨の日のディズニーでは足元の雨対策をしっかりとしないと、靴下までビチョビチョになって、夏でも体が冷えてしまいます。

体が冷えてくると体力も消耗し、寒いわ疲れたわで夕方には帰りたくなってしまいますよ(;^_^A

私のオススメ足元対策はビニール袋

雨を防ぐためには長靴もいいですが、長靴で長時間歩いていると足が痛くなって疲れてしまいます。

パーク内ではスニーカーがベストですが、スニーカーだとすぐに水が靴下までしみてきてしまいますよね。

替えのスニーカーや靴下を持って行っても荷物になるし、変えてもまたすぐに濡れてしまいます。

靴下の2枚重ね履きもあまり意味がなく、すぐに濡れてしまいますし、靴下を2枚重ねてスニーカーを履くと、普段よりもつま先がきつくなって足が疲れる原因にもなってしまいます。
ディズニー 雨対策

今までの私の経験でベストな足元対策は、スニーカーと靴下の間にビニール袋をはくことです。

手順は次の通りです。

1.靴下をはく
2.ビニール袋をはく
3.スニーカーをはく

たったこれだけです!

この方法は以前、テレビで山登りの雨対策についてやっていて、そこで知った方法です。

靴下からはみ出したビニールはズボンで隠したり、ハサミで切り取ってしまえばOKです。

ビニールなんて履いたら滑って歩きにくいんじゃないか?と思いますよね。

そんなことは全くなく、ビニールを履いていることはすぐに忘れてしまいます。

この方法だと1日中足が濡れることも、冷えることもありません。むしろ、ビニールの保温効果で足元がとても暖かくなるので冬などはかなりオススメの方法です。

ビニール袋は少し厚めの方が効果的です。スーパーにあるビニール袋で例えると、サッカ台(買ったものを袋につめる台)に置いてある半透明のビニール袋よりも、買物中に魚などを入れる透明のビニールの方がしっかりしていいと思います。

adsense2

ベビーカーにはベビーカー用レインカバーをお忘れなく

下の写真を見て下さい。雨の日のベビーカーのほとんどにベビーカー用レインカバーがかけられています。
ディズニー 雨対策

ベビーカー用レインカバーは雨を防ぐだけでなく、防寒にもなりますのでベビーカーを利用される方は必須です。

ベビーカー用レインカバーもパーク内のショップで販売されていますので、用意し忘れてもショップで購入できます。
ベビーカー用レインカバー現地での金額は税込み3,500円のものと2,100円のものがあります。写真は3,500円のものです。

まとめ

ディズニーでの雨対策は

雨対策まとめ!

  • カッパ(できれば上下、ポンチョならなおgood)と傘(折り畳みではない)を使用
  • 足元は靴下→ビニール袋→スニーカーの順にはく

私のディズニーでの雨対策はこれだけです。とてもシンプルでしょ^^

雨の日のディズニーではオシャレは二の次。雨の日でも快適に過ごせるように、よかったら試してみて下さい♪

-全般
-

Copyright© ディズニー虎の巻 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.