ディズニーリゾート 車椅子

全般

ディズニーリゾートでの車椅子の利用方法

更新日:

ディズニーリゾートでは、お身体の不自由な方や、けがなどで一時的に身体の機能が落ちているゲスト(高齢者、妊婦を含む)でも楽しめるようなシステムがあります。

そのサービスの中に車椅子の貸し出しサービスがあります。車椅子でパークを楽しむために、ディズニーリゾートでの車椅子の利用方法をお伝えします。

スポンサーリンク

ディズニーリゾートでの車椅子の利用方法

車椅子の貸し出しはどこでしているの?

エントランス近くにある、総合案内センターに行こう!

東京ディズニーランド、東京ディズニーシーともに、エントランス近くに総合案内センターがあります。各パークの案内や、貸出用品に関しての受付をしています。

↓ディズニーランド
ディズニーランド インフォメーションセンター
↓ディズニーシー
ディズニーシー インフォメーションセンター

迷子などで足を運ぶのもこちらです。ディズニーシーの総合案内センターはパーク内にありますので、駐車場からエントランスを抜けて、貸出場所に行くまでは頑張りましょう。

もし歩くのが辛い場合は、お連れの方に車椅子を借りてもらって、車まで迎えに来てもらうことができます。

その場合、お連れの方は再入園の手続きを取るようにしましょう。エントランスでキャストさんに再入園したいことを伝えて、手にスタンプを押してもらえばOK!

駐車場での注意点

ディズニー 妊婦 駐車場
ここで気になるのは、車椅子の場合に駐車場はどうなるの?ということですね。

駐車場に関しても、ゲストが快適に過ごすことができるように、しっかりとキャストさんが連携を取ってくれます。安心して利用しましょう。

ディズニーリゾートでは、駐車場に入るときに料金を払います。その際に「車椅子を利用したい」と伝えてください。

足が痛いだけですと、車椅子のスペースではなく、車椅子と通常スペースの間の駐車スペースに案内されて、車椅子では少し移動が遠くなります。

ですので、しっかりと車椅子を使うことを伝えてくださいね。そうしたら、ワイパーに色のついた紙を挟んでくれます。

ちなみに紙の色には青と白があります。青は歩行困難者用駐車スペース、白は障害者用駐車スペースに案内されます。

これが、車椅子を使用するゲストですよという印です。紙はパークから出る時まで外さないようにしてくださいね。

adsense2

車椅子のレンタルで必要な物

ディズニー 車椅子 レンタル
車椅子を借りる時は、500円レンタル料を支払うだけで大丈夫。証明書はもっていれば提示してもいいですが、提示の義務はありません。

けがで車椅子の場合は、証明書を持っていないこともありますので、ディズニーの配慮がありがたいですね。

ゲストアシスタンスカードをもらおう

ディズニーリゾート 松葉杖
もし松葉杖でパークに来ても預かってくれますので、無理して歩くこともありません。

そして、パークを車椅子で楽しむにあたって、「ゲストアシスタンスカード」というものが渡されます。
ゲストアシスタンスカード
このカードは車椅子のゲストがより快適にパークを過ごすことができるように、キャストさんが手助けをしてくれるカードですので、大切にとっておきましょう。

ゲストアシスタンスカード発行の際には本人と同伴者全員のパークチケットの提示が必要です。チケットにスタンプが押され、カードにはグループの人数が記載されます。

ゲストアシスタンスカードとはどんなカード?

キャストさんがサポートをしてくれるカードですが、乗りたいアトラクションの待ち時間を快適に過ごすことができます。

車いすでスタンバイの列に並ぶのは、身体が辛いときがあります。

そのため、アトラクションのキャストさんにカードを提示すると、現在の時間に、その時の待ち時間をプラスした時間に戻ってくると、優先的に案内してくれるというものです。

指定の時間がくるまでは、レストランでご飯を食べたり、お土産をみたり、思い思いの時間を過ごすことができます。

ただし、他のアトラクションに乗ることはできません。あくまで、通常通りに並んでいるという状態を、身体が辛くならないように外で待てるようにしているカードです。

普通通りにアトラクションに並んでいたら、他のアトラクションには並べませんよね?待っている間に他のアトラクションを楽しむことはできませんので、仕組みをしっかり理解しましょう。

スポンサーリンク

うまくすればばれないんじゃないの?

ディズニーリゾート ゲストアシスタンスカード
アトラクションにたくさん乗って楽しみたいですよね。どうしても「ばれなければいいんじゃない?」と思ってしまう人もいるはず。

実はそこはしっかりと管理されていて、当日のパスポートに、ゲストアシスタンスカードが発行されてることがしっかり記録されているんです。

1つめのアトラクションで時間を記入してもらって、待ち時間に他のアトラクションに行こうとすると、他のアトラクションのキャストさんから、カードの提示を求められます。

ここでしらばっくれても、実はカードはアトラクション乗り場でも発行できるので、「ここで発行しますね」と親切に対応して下さるんです。

そこで当日のパスポートが必要になりますので、もしすでにゲストアシスタンスカードが発行されていると、アトラクションに乗れない状態であることが分かります。

不正利用を防いて、すべてのゲストに公平に楽しんでもらえるように、ディズニーリゾートでは、しっかりとシステムが整っています。

いざ!アトラクションに乗ろう!

ディズニー 車椅子 アトラクション

ゲストアシスタンスカードを準備しよう

さて、アトラクションの時間がやってきました。時間を記入してもらったゲストアシスタンスカードを提示して、キャストさんに案内してもらいましょう。

アトラクションにもよりますが、出口を逆走で入っていったり、通常では入れないキャストさんの扉から入っていくこともあります。なかなかできない体験ですので、ちょっとテンションがあがります。

車椅子から降りて乗ることになりますので、お連れの方はしっかりとフォローしてあげてくださいね。

乗り降りに関しては、他のゲストとは違うところから乗るので、焦らずに乗ることができます。キャストさんも焦らないように案内してくれますので、安心してアトラクションを楽しんでくださいね。

もし時間に遅れたらどうなるの?

ゲストアシスタンスカード 遅刻
ゲストアシスタンスカードに書いてもらった時間に遅れてしまうと、次の時間の案内になることもあります。

普段はなかなか気が付きにくいですが、車椅子で移動していると、他にも車椅子でパークを楽しんでいるゲストの方がいます。

車椅子のゲストの方が立て続けに来ると、次の方を案内します。そのため、車椅子のゲストを安全に案内できるように、次の時間での案内を説明されます。

そうなると、空いた時間でご飯を食べに行くことも、お土産やさんを見るのも難しくなりますので、ゲストアシスタンスカードに書いてもらった時間に遅れないように気を付けましょう。

非常時は自分で移動して避難する

アトラクションが止まってしまった、地震で避難が必要など、不測の事態も考えられます。そのときは自力で避難することになります。

アトラクションに乗る前にキャストさんから必ず説明がありますが、もし自力で移動できない場合は注意が必要です。

お連れの方の助けがあれば移動できる場合は、自力で避難できるに該当します。もし不安なことがあれば、アトラクションに乗る前に、キャストさんに確認するようにしてくださいね。

ちなみに、避難をする場合は、アトラクションの作りの中を歩くことになることもあります。

ごつごつした場所、滑りやすい場所、暗い場所などがあります。万が一避難になった場合は、キャストさんの指示に従って、気を付けて移動をしてくださいね。

adsense2

車椅子でレストランを利用したい!

ディズニー 車椅子 レストラン

入り口でキャストさんに声をかけて

キャストさんも車椅子であることに気が付いてくれますが、車椅子のままでレストランを利用したいことを伝えましょう。

レストランの中は通路が狭いところがあったり、車椅子で移動することが厳しいところがあります。

実は注文するところも車椅子が入れないスペースになっているので、注文はお連れの方にお願いする形になります。車椅子でご飯を持っていくのは、振動でこぼしてしまうので、絶対にしないようにしてくださいね。

もし席をとってほしいときは、キャストさんに声をかけて、席を確保してもらうこともできますので、無理をしないでキャストさんの力を借りましょう。

レストランを予約するときの注意点

今では、東京ディズニーリゾート公式サイトや、当日レストラン前で、「プライオリティーシーティング」という予約をすることができます。指定の時間に行くと、優先的に案内をしてくれるシステムです。レストランのファストパスと考えると分かりやすいですね。

予約の時点で車椅子であることを伝えておくと、車椅子でも利用しやすいように席を準備してくれたり、快適に過ごせるようにしてくれる場合があります。

レストランの空き状況次第なので、絶対にやってくれるわけではありませんので、もしキャストさんがしてくれなかったと言って、クレームを言ってはいけませんよ。

まとめ

ディズニーリゾートでは、車椅子でも楽しく過ごせるように、しっかりとしたシステムがあります。

ゲストの身体のことをしっかり考えてくれているので、ディズニーリゾートで楽しみたいと思ったら、ぜひ車椅子を借りて、パークを楽しんじゃいましょう!

-全般
-

Copyright© ディズニー虎の巻 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.